消費者金融の返済方式とは?

消費者金融の返済計画を立てるときに注意しなければいけないのが「返済方式」です。
同じ金額を同じ金利、同じ期間借りた場合でも、返済方式の違いにより毎月の返済金額が大きく異なることもあります。

 

念密な返済計画を立てるうえでも、返済方式の仕組みと利用しようとする消費者金融の返済方式は必ず確認しておくようにしましょう。

 

元金均等返済と元利均等返済

まずは「元金均等返済」と「元利均等返済」の違いを理解するようにしましょう。
消費者金融では「元金均等返済」を用いる先が多くなっていますが「元利均等返済」を使用している先もいくつかありますので注意が必要です。

 

○元金均等返済
毎月の返済額のうち「元金部分」が一定の返済方式です。
借りたお金は一定の「元金」に合わせて、返済時点の残高に応じて計算された「利息」を合わせて返済していきます。

 

毎月の返済により残高が徐々に減っていきますので、支払う利息も少しずつ少なくなっていきます。その結果、最終的な返済総額は「元利均等返済」に比較して少なくなります。

 

○元利均等返済
毎月の返済額のうち「元金+利息」が一定の返済方式です。
あらかじめ借入金額と借入期間に応じて計算された「一定の返済額(元金+利息)」を毎月返済していきます。

 

毎月の返済金額が一定ですので長期的な返済計画が立てやすくなります。
そのため住宅ローンなどの比較的長期の借入で用いられる方式です。

 

リボルビング方式

「元金均等返済」「元利均等返済」はともに「分割返済」と呼ばれる方式です。
最終期限と返済回数を固定した上で毎月の返済金額を決定していきます。

 

これに対して「リボルビング方式」とは「毎月の返済金額」を固定する方式です。
例えば「毎月1万円」の返済を借入残高が無くなるまで返済する、といった形式になります。

 

リボルビング方式は、毎月の返済金額の計算方法の違いで次のような種類に分けることができます。

 

○定額リボルビング方式
毎月あらかじめ決められた一定金額を返済していく方式です。
例えば10万円を借りて毎月1万円返済していくというスタイルになります。
返済金額計算に利息を含める方式(元利)と、利息を含めない方式(元金)に分けられます。

 

○定率リボルビング方式
毎月借入残高に応じて一定の割合(定率)を乗じて返済する方式です。
例えば借入残高10万円に対し定率が10%なら1万円を返済するというスタイルです。
こちらも返済金額計算に利息を含める方式(元利)と、利息を含めない方式(元金)に分けられます。

 

○残高スライドリボルビング方式
毎月の借入残高に応じて返済金額をスライドさせる方式です。
例えば「借入残高5万円以下→返済金額5000円」「借入残高10万円以下→返済金額1万円」というスタイルで借入残高が大きい程返済金額も大きくなります。

 

返済金額の計算に違いで「定額」「定率」「元利」「元金」などの違いがあります。

 

リボルビング方式(特に残高スライドリボルビング方式)は現在の消費者金融で最も多く用いられている方式です。毎月の返済金額自体を少なく抑えることができますが、その分返済期間が長期化することもあります。

 

そのため利息負担なども大きくなる危険もありますので注意しましょう。