消費者金融のメリット

ちょぅとした出費、お金の不足のときに役立つのが消費者金融による借入です。街中には大小様々な消費者金融の店舗や無人契約機を見かけることができます。

 

ゴールデンタイムの時間帯にも消費者金融の独特なCMが放映されるようになり、すっかりわたしたちの生活になじんだ存在となっています。

 

金融機関からお金を借りる方法には様々考えることができます。
その中でも消費者金融はどのようなメリットを備えているのでしょうか。

 

そのメリットとデメリットを比較しながら、自分の状況などに応じて借入方法を選択するようにしましょう。

 

消費者金融のメリットは?

素早い借入

消費者金融の最大のメリットはそのスピードにあります。
申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」は当たり前。
早ければ申込から契約、借入まで1時間程度もあれば完了させることができます。

 

急な出費には消費者金融による借入が最適とまでいわれています。
とくに最近ではインターネットを利用して、店舗を訪問することなく申込手続きを行うことができるようになっています。

 

必要書類も画像化して送信するだけで審査が進んていきますので、非常に手軽に利用することが可能になっています。もちろん店舗や無人契約機などでも申込することができ、申込手続きもそれほど複雑ではないのでちょっとしたお金の不足時に気軽に借入手続きを進めることができます。

 

比較的審査に合格しやすい

消費者金融の審査基準は多くの金融機関の中でも緩やかであるといわれています。
よく「銀行で不合格だったけど、消費者金融で合格できた」という声を聞くでしょう。

 

これは銀行などの金融機関に比較して、消費者金融の審査基準が緩めであることを示しています。とくに銀行などでは敬遠されがちな「複数の借入利用者」に対する審査も柔軟な結果を期待できます。2〜3社程度ではあれば十分審査に合格することができるでしょう。もちろん返済能力その他に問題ないことは大前提となります。

 

消費者金融のデメリットは?

金利が高め

消費者金融のデメリットとして挙げておかなければいけない点は「金利」です。
審査基準が緩めである反面、適用される金利は銀行などに比較して若干高めになることは否めない点でしょう。

 

最下限金利・最上限金利とも商品自体2〜3%高めに設定されています。
とくにそれほど利用実績の無い方に対しては、ほとんどが最上限金利に近い金利契約となりますので、商品自体の差がそのまま適用金利の差となるケースが多くなります。

 

ただし消費者金融の中には「無利息サービス」を提供している先もあります。
ほとんどの先が「初回利用者」という条件付きですが、短期間のうちに確実に全額返済できる目途がある場合には無利息でお金を借りることができます。「無利息サービス」はその他の金融機関では見かけない魅力あるサービスです。

 

借り過ぎてしまう

消費者金融のデメリットの中に「つい借り過ぎてしまう」という点を挙げておかなくてはいけません。非常に手軽に借入でき、しかも審査基準が緩やかな分、ついたくさん借り過ぎてしまう方も多くおられます。気が付けば毎月の返済にも苦しむという状況にもなりかねません。最悪の場合、自己破産などにより自分の人生を失う結果となります。

 

借入の際は、必要最低限に抑えるようにしましょう。
また利用の前には念密な返済計画を立てるとともに、借りたお金は繰り上げ返済を活用するなどしてなるべく早めに返済するよう心がけましょう。