消費者金融審査のポイント

消費者金融でお金を借りるには必ず審査を受けて合格しなければいけません。
街中の消費者金融の中には次のような宣伝を掲げている先もあります。

  • 無審査でお貸しします!!
  • 誰でも即融資可能!!
  • ブラックでもOK!!

 

「審査無しで借りることができるのでは」と思われるかもしれませんが、このような誘いに乗らないように注意しなくてはいけません。お金を借りることができるかわりに法外な利息や手数料を請求されることになります。暴力団関係者が出入りする、いわゆる「闇金」と呼ばれる業者ですので、絶対に関係を持たないようにしましょう。

 

消費者金融の審査とは?

消費者金融の審査基準は各社で異なっており、しかも一般的には公表されません。
例えば「年収○○円以上で合格!!」ということはありえません

 

それは審査とは利用者の返済能力をあらゆる方面(属性)などから判断する作業だからです。
ひとつの属性に問題なくても、他の属性で問題があれば審査に合格することはできません。

 

また万が一不合格となってもその理由を知ることはできません。
単に「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知されるだけです。
そのため「確実に審査に合格する方法」というものは存在できないのです。

 

しかし審査の目的(利用者の返済能力を多方面から検証する)ことを考えていくと、その内容をある程度推測することは可能です。まずは審査で用いられる「属性」について考えてみましょう。

 

審査基準の「属性」とは?

消費者金融を利用する場合には「申込書」にあらゆる内容を記入する(もしくはインターネットなどで入力する)ことから始まります。

 

実はこの「申込書」の内容全てが「属性」と考えることができるのです。
申込書には次のような項目が必要とされており、その全てが審査判断の材料となるのです。

 

・氏名
・住所
・電話番号(固定電話か携帯電話か)
・年齢
・年収
・勤務先
・雇用形態(正社員・派遣社員・パート・アルバイト)
・勤続年数
・家族構成
・居住形態(自己持家・家族持家・賃貸)
・他社の借入件数・金額
・過去の返済滞納歴(クレジット、公共料金なども含む)

 

例えば「勤務先」では大企業や官公庁などに勤務していると審査では高い評価を得る反面、零細企業や個人事業主では厳しい判断が行われます。一方、居住形態では持家が高く評価されますが、賃貸であっても他の属性に問題が無ければ審査でも問題なしと判断されることになります。

 

このように申込書の内容を総合的に判断していくのが審査の主な考え方です。

 

一番の重要項目は「年収」

その中でも審査で一番重要視される項目が「年収」です。各社とも「安定した収入」を審査での第一条件に掲げています。ただしこれは単に「収入が多ければいい」というものではありません。ある程度の収入が「安定して」いることが重要なのです。

 

例えば今月は月収60万円だったが今月は0円の方と、毎月月収30万円をコンスタントに挙げている方では、後者が審査では有利に判断されます。毎月、そして毎年の収入が安定していることが重要なのです。そして「安定した収入」を確保するにはやはり「勤務先」などの属性も重要となってくるでしょう。

 

また「収入」が問題なくても「他社の借入」が多ければ返済にも支障を与えます。
このように「収入」を基本として、申込書の内容が総合的に審査に影響してくることを覚えておきましょう。