消費者金融審査と個人信用情報

よく「ブラック情報」という言葉を聞くことがあるでしょう。消費者金融の審査における「ブラック」とは「個人信用情報」に問題のある状態を指します。

 

消費者金融の審査では必ず「個人信用情報」の確認が行われます。

 

個人信用情報とは?

「個人信用情報」とは「個人信用情報機関」が保有している金融利用者に対する情報のことです。氏名・住所・生年月日の他、過去の利用実績、申込実績、返済実績などが情報として登録されています。審査では「個人信用情報」を確認して申込者に問題がないかどうかを判断します。

 

日本では「個人信用情報機関」には次の3社があります。

 

○シー・アイ・シー(CIC)
主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟しています。

 

○全国銀行個人信用情報センター(KSC)
その名の通り、主に銀行、信用組合などが加盟しています。

 

○日本信用情報機構(JICC)
主にクレジットカード会社、消費者金融、保証会社などが加盟しており、CICと重複している先もあります。

 

この3社は「CRIN」と呼ばれる共通システムを採用しており、ある程度の情報を共有しています。1社の情報が別の情報機関でも共有されていることになります。

 

個人信用情報の内容とは?

個人信用情報には氏名、住所、生年月日の他、金融利用実績のあらゆる情報が登録されています。その内容と登録機関は主に次のようなものになります。

 

○申込内容→半年間
申込み会社名など

 

○契約→解約後5年間
契約内容、支払い回数など
「完済後」ではなく「解約後」となりますので、カードローンなど借入返済が完了しても「解約」しなければ記録が保存し続けます。

 

○返済→解約後5年間
返済予定日、返済実績日、借入残高など。
こちらも「解約後」であることに注意です。

 

○滞納→延滞解消から5年間
延滞発生日、延滞解消日など
ただし消費者金融会社により対応が異なります。
1日の遅れでも情報を記録する先もあれば、1ヶ月程度ならばセーフとする先もあります。

 

○強制解約・金融事故→発生から5年間(10年間の場合もあり)
強制解約日時、理由、自己破産、民事再生などの金融事故実績

 

これらの情報に問題があると、消費者金融の審査にはまず合格することはできません
不安な方は「自己開示」の方法もありますので、窓口に相談するようにしましょう。