消費者金融審査と在籍確認

消費者金融の審査では「在籍確認」が行われます。
「在籍確認」とはその名の通り、申込時に申告された勤務先に「在籍」していることを確認する作業です。

 

既に退職しているのに昔の勤務先を申告する方などもおられますので、消費者金融側としてもしっかり確認する必要があるのです。

 

在籍確認の方法

在籍確認は勤務先に審査担当者が電話をかける方法で行われます。
と聞くと、何か悪いイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

  • 「勤務先に消費者金融の利用がばれるのではないか」
  • 「給料や勤続年数などを電話口であれこれ聞かれるのではないか」

 

しかしこのような心配はありません。
実際の在籍確認は次のようなかたちで行われます。

 

消費者金融「わたくし○○(審査担当者)と申しますが、△△様(申込者)をお願いしたいのですが」勤務先同僚「あいにく△△は席をはずしております」消費者金融「それでは結構です、またご連絡します」

 

以上で在籍確認は完了です。

 

消費者金融側しては必ずしも申込者と直接話をする必要はありません
申告された勤務先に確実に在籍していることが確認できれば用は済むのです。

 

電話は消費者金融会社名ではなく個人名でかけますので、勤務先に消費者金融の利用がばれる心配もありません。この点は消費者金融側も最大限配慮してくれますので安心しておきましょう。

 

在籍確認がとれないと?

通常在籍確認は審査の最終段階で行われます。
消費者金融側としても勤務先に電話をしてまで不合格にする意味がないのです。
在籍確認と思われる電話がかかってきたときには、希望する金額かどうかは別にして審査には合格できると考えてよいでしょう。

 

逆に在籍確認がとれなければ、審査も前に進みません。
あまり長い時間確認できない場合には、最悪不合格となることもあります。

 

勤務先が休日で電話対応ができない、個人の知らない電話はそもそも取りつかない(在籍しているかどうかも答えない)などのケースでは、あらかじめ消費者金融担当者に相談するようにしましょう。場合によっては「社員証」などで在籍を確認する先もあります。

 

また最近では「WEB申込」などでそもそも在籍確認を行わない消費者金融も登場しています。
ただしいくつかの手続きが必要になってきますので必ず確認しておくようにしましょう。